JSIVA賞

本学会では毎年、一般演題からJSIVA賞を選出しています。

第26回日本静脈麻酔学会では、内容・発表ともに受賞に値すると認められる演題を全演題の中から1~2題、若手の発表者(2019年9月30日時点で満37歳以下)の演題の中から1題のJSIVA賞(賞金あり)を選出する予定です。

演題数は例年10~20演題程度ですので、6~10演題あたり1題が受賞できることになります。はじめて演題を出す方もぜひ奮ってご応募ください。


JSIVA賞の対象となる演題は、演題登録時点で学会における発表演者が日本静脈麻酔学会会員となっている演題のみです。また、過去に1回以上のJSIVA賞受賞歴のある筆頭演者の演題は、選出対象とならない場合があることをご了承ください。